my photo world

my1017.exblog.jp
ブログトップ

糸魚川・匠の里クラフト展&根知谷にきらめくキャンドルロード

b0232676_23264771.jpg
糸魚川市に行ってきました。2017年2月11日。糸魚川の根知谷で、「匠の里クラフト展」と「根知谷にきらめくキャンドルロード」が開催されました。ことの発端は、お友達の梅津さんご夫妻(「katei to e」カテイトエ・画家)が、糸魚川に移住することになり、匠の里クラフト展の開催場所である古民家にこの4月から暮らすことになったこと。作家やクリエーター、情報発信ができる人の移住を推し進める糸魚川市の施策で、梅津さんたち作家さんが、糸魚川と全国を結ぶ架け橋となるプロジェクトが動き出します。その一環の、プレとしての大切なクラフト展と、もう10年の歴史をもつキャンドルロード。12月29日、暮れの押し迫った時期に梅津さんからの「イベントの撮影をしてほしい。火災の関係で、撮影や調整をお願いしていた方たちが忙しくなり、新たな撮り手を探している」という、ただならぬ内容のメッセージが飛び込んできました。そして、「ただ撮影できるのではなく、作家・クリエーターとの親睦や関わった経験があり、これからの糸魚川との関係構築など、相互にプラスな働きが生まれるようなご縁」をもつカメラマンとして、梅津さんが糸魚川市側に推薦してくれている、という内容でした。ずっと、ブランド物より作家もの、オンリーワンのものが好き。美濃焼祭りの作家ストリートで、毎年陶器をコレクションしていた。アクティブGの3階がすきだった。働けていてとても幸せで、作家さんとのご縁もたくさんいただきました。画家として、またアーティストとして、梅津さんをアートフェスタにお招きしたことから、このようなご縁をいただくにいたり、とてもうれしかったです。と同時に、地元カメラマンさんたちのことを思いました。「もし私なら、私が撮りたいとおもうだろう。 こんなときだからこそ、撮ってほしい。」それをそのまま梅津さんに伝えました。もう一度、あきらめず、お願いしてみてほしい。絶対に地元のことって、地元のかたが撮ったほうがいい。今だからこそ、なおさら。そこからまた、なにかが始まるはずだから。それでも「今は無理だ、お願いしたい」と言われたら喜んで。そんな、祈るような気持ちで梅津さんに託しました。梅津さんもまだ現地にいるわけではない状況のなか、お心遣いいただきながら、地元の映像関係のかたたちとのコンタクトが取れ、みなさん、撮られるとおっしゃっています、そうお聞きしてとてもほっとし、うれしくなりました。でも、白川さんも来てくださいね。?と思いましたが、糸魚川市の施策は「相互交流・相互発信」。歓迎してくださると聞き、現地へ向かいました。名古屋のケイタさん(ムービー)、イベントハウスさん(イベント企画運営・情報発信)岐阜の白川がスチールを。チーム梅津が組み上がりました。行きの道中からとても良い雰囲気。梅津さんからのご縁でまとまったチーム。そして現地での3日間。根知のあたたかいひとたちに触れて、すっかり根知の大ファンに。みんなでつくる、クラフト展。みんなでつくる、キャンドルロード。とてもいい空気、みんなのやる気、あたたかいきもち。普段わすれていることをたくさん思い出させていただきました。地元のカメラマンさんたちとの交流も。渡辺師匠に赤野さん。私だったら、よそからカメラマンが来たら身構えちゃうだろうな。おふたりは大歓迎してくれて、とてもうれしかった。根知はもちろん、糸魚川のいいところたくさん知っていて、また今度伺ったときにご案内いただきながら、撮影さんぽできるのがとても楽しみ。花火の写真は、実はお仕事で撮影するのが初めてでした。実は趣味で撮ったこともほぼありませんでした。つまり、「撮り方がわからない状態」。でも、どうしても必ず撮りおさめたかった。復興を願い、今年特別に打ち上げられる花火。発数もそう多くはない。神様お願い!でも、どうしよう。そんなとき、会場の暗い中で、梅津さんが渡辺師匠を発見!すかさず近寄ってご一緒させて頂く。アドバイス通りにためしてみたら、生まれて初めての花火写真が撮れました。「ぼくねえ、参考にならないよ。だって、必ず近くにあるものと一緒に撮るんだもん」そうおっしゃった、そのまんま、撮りました。見事、キャンドルロードと花火が共存。師匠のおかげさまです。あれからもう半月以上経ちますが、あの日がずっと続いているようです。すでに根知谷ロス。はやく根知に行きたい。みんなに会いたいな。
[PR]
by my-photo-blog | 2017-03-02 00:22 | イベント